桜蘭高校ホスト部

□初日の運命
1ページ/5ページ







環「よーこそホスト部へ」





環は誠へ手を差し伸べる。




ハ「ちょっと待って!誠、状況分かってる?」



「家族になるってこと?」


ハルヒはため息をつき…
ハ「ホスト部に入部するって事!!」



「え?えっ?入部!?ちょっと待って下さい!ホスト部って何するんですかぁ?僕はバスケ部…………」




光「ただね女の子とお話しするだけ〜」

薫「だけ〜!!」



「だけ。って言われても」


ハニー「お菓子や紅茶なんかも食べれるよ!僕はね、僕はね、ケーキが好きだよ」



双子の足元からハニー先輩が顔を出してニッコリと笑う!!



「お菓子!紅茶!」



環「その美しさを使わなくてどーするのだ!君、いや、誠はこの部活に入るために生まれきたのだ!!な!!な!!」




環がボーズをつけ近づい来た。
誠は少し後ずさりをする。
(この人全てに全力すぎてちょっとこ、怖い。)


「わ、分かりました!にゅ、にゅ、入部します!」



ハルヒは驚いて声を上げる!!


「えぇっ!?誠!!」



「ハルヒも光も薫もいるし…やってみよっかな!!ハルヒも続いてるって事は楽しい部活なのかな?ってさ」ニコ



部員は誠の笑顔にうっとり!!
(かわいいいー/////)


「じ、自分はまぁ、色々あっ………」



環「誠が入部を希望したぞ!かぁーさん!パティーを開かねば!!」






誠のその一言で入部は決まった!







◎初日の運命

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ