頂き物

□神様との約束事
1ページ/1ページ



「…やっぱり凄いですよね、神様って。」





隣に座るコイツは、少し頬笑みながらそう呟いた。





「てっきりハルは、ツナさんと赤い糸で結ばれていると思ってたんです。でも違いました。本当に結ばれていたのは獄寺さんだったんですね。」





確かにコイツは毎日ツナさんツナさんと、十代目を追い掛けてた。



正直目障りで、欝陶しいアホ女だと思っていたが、そんなやつと最終的にくっついちゃいましたーなんて、今では笑える話だ。





「だって昔のハル達では考えられないですよね?顔を合わせると何時も喧嘩ばっかりしていましたし。」

「…確かにそうだな。」

「そんな喧嘩相手とハルをくっつけちゃうなんて、神様の考える事って凄いですよね、本当。」





おい、

その神様とやらに一言言っておく。



このアホを俺の相手にしたと言う事は、何があってもコイツを護れって事だろ?



勿論十代目をお護りする事は当然だが、ついでにこのアホも護っとけって事だろ?



上等じゃねーか。





アホでマヌケで何考えてるのか分かんねーけど、コイツを好きである事には変わりはない。



死ぬまで護ってやるよ。





「ハル、」

「はひっ?」

「…好きだ。」







神様との約束事



(ハルも好きですよ、獄寺さんの事。)

(…知ってる。)






[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ