秘宝〜展示之間

□君のすべてを
1ページ/3ページ

最近、龍麻の様子がおかしい。

よくボーっとしているような気がする。

顔色も、悪いように思う。

周りには気付かれないようにしているが、ふとした拍子にどこを見ているのかわからない表情をする。


「龍麻…?」



最近、気が高ぶっているのか、あまり眠れない。

目を閉じても、冴えわたる意識が眠りを妨げる。

『眠る』という感覚を忘れているようだ。


「どうなってんだ俺の身体は…」



旧校舎での戦闘中。

声を聞いた。

龍麻の声を。

振り向くと、青ざめた顔がそこにあった。

「龍麻…?」

小声で呼びかける。

きっと、仲間に見られたくない顔だろうから。

「…悪い。紅葉」

そう言って僕を見る目は、顔の青さとは裏腹に強い輝きを放っていた。

「フォロー、頼む」

「自覚は、あるんだね」

残る敵は数体。

何事もないかのように敵を倒す龍麻を、僕は今すぐ連れ去ってしまいたかった。



「これで、終わりっ」

龍麻の拳が最後の敵を貫く。

少しふらつく龍麻を呼びかけるふりをして支えた。

触れた瞬間、龍麻の気が高ぶっているのを感じる。

これが、原因…?

「よっしゃ!運動して腹も減ったし、ラーメンでも食いにいくか。な、ひーちゃん?」

「あ、俺は…」

困った、という表情で龍麻が僕を見た。

「今日は僕の家で食事をとる約束をしていたんだけれど」

「は?ホントかひーちゃん!」

「もう用意はしているんだ。龍麻、どうする?」

選択権は、龍麻にある。

僕は、勝手に一つの賭をした。

「ん、紅葉の料理、食べたい。約束してたしな」

「では、今日は失礼するよ。行こうか、龍麻」

「壬生!てめぇ、ひーちゃんの腰抱いてんじゃねぇよ!!」

後ろから聞こえてくる蓬莱寺君の叫び声は無視した。

「ごめん、紅葉。ありがと」

「平気かい?」

「大丈夫。頭は冴えてるんだ」

「そう…」

それを平気とは言わないのかもしれないよ、龍麻。





次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ