秘宝〜展示之間

□月夜
1ページ/1ページ


月が姿を現す静かな夜に俺はあの人を思い出す。

月が姿を現すざわめく夜に俺はあいつを思い出す。

「いい度胸だな、緋勇」

月明りに照らされた旧校舎から一歩外に出ると、正面に…あの人がいた。

「犬神先生…」

「俺は旧校舎に近づくなと言ったはずだ」

「でも、先生は俺が一人で潜った時にしか姿を現さない」

「お前しかいないからだ」

「…そんなに、俺が心配?」

「…………」

「沈黙は肯定だよ犬神先生」

「緋勇」

「龍麻だよ。センセ」

「……」

「俺は、龍麻だ」

「知っている」

「でも先生は、俺の中の誰かを見てる」

「そんなことはない」

「そんなことある。気付いてないなら…尚更悪い」

「…あいつは、お前みたいに俺に何かを求めようとはしなかった」

「俺、うるさいかな」

「そういう意味ではない…」

「じゃあ…」

「うるさいなら塞げばいい」

「えっ……っん」

「…お前限定だがな」

「っ…やっぱりうるさいんじゃないか」

「フッ、そうだな。龍麻、お前はうるさくていい」

「なっ…ばかやろ…」




月が姿を現す静かな夜に俺はこの人を思い出す。

月が姿を現すざわめく夜に俺はこいつを思い出す。

あぁ、けれど今は…何てざわめく夜だろう。

あぁ、だが今は…とても静かな夜だな。






[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ