金輪際君僕専用




再会の朝に見たそれぞれの  暮らし 背負うもの 上手く笑えない
僕は僕と 後悔の渦へ

「またね。」と手を振って振り返る 薬指には 日焼けの痕
優しい嘘は 最初で 最後の

紫陽花の花が咲くこの道の 角を曲がったら 君の部屋まで
僅かな距離 距離が今は遠く
私は雨

妄想日記

証言

私壊れた映写機みたい

絡み・sweet?

御手紙

妄想日記2

あの日貴方を奪ったアスファルト菊の花束謹んで添えた手紙…


ブックマーク|教える
訪問者2015人目




©フォレストページ