堕ちた恋

□明日、放課後、図書室で。
1ページ/38ページ




本に伸ばそうとした自分の手をピタリと止めて、

違う方向から伸びて来ていた手を睨み付ける。

この手はあたしの読みたい本を狙っている。

いつもいつもそう。

同じ本ばかり狙ってくる。


「ちょっと、真似しないでよ」

「してねぇよ」

「真似してるでしょ」

「するかよ!真似してんのはひなきだろ!」

「違いますー!響也が真似してるんですー」

「はあ?!」


違う、違わない、とギャーギャーと言い合いながら、なんとしてでも先に本を奪おうとしたら、


「こら!あんた達はまた喧嘩して!」


やめなさい!と先生に一喝された。



毎日、放課後、図書室で。


あたし、
安藤 日生《アンドウ ヒナキ》と、

同じクラスの男子、
結川 響也《ユイカワ キョウヤ》は、

飽きる事なく、こんなバカな光景を繰り広げている。





 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ