闇夜から光

何時も空を見上げながら、

僕は、思う。

君達のことを....。

僕には、君達と共に歩む事。

そして、君達と太陽の下で会う事

全部。全部、僕には出来ない。

だって、僕は此処に存在していけないんだから...。



でも、僕は君達と共に歩みたい。

一緒にいたい。

あぁ、この世に神様がいるのならば、僕を......





光の世界へ連れてって

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ