プレビュー画面表示中

アルギニンにおける副作用
様々な効果を期待して、アルギニンをサプリメントで摂取する人も多いと思います。
しかし正しい摂取方法を摂らないと、意味が無い事になってしまいます。
そこでサプリメント摂取に関する注意点を挙げてみたいと思います。
先ずは摂取量についてですが、きちんとした量は決まってはいませんが、大体1日2〜4g位が適量だと言われています。
また1回に摂取するよりは、1日数回に分けて摂取した方が効果が出やすい様です。
それと摂取する際に気になるのが副作用ですよね。
アルギニンのサプリメントを摂取した場合、副作用が有る場合が有ります。
その副作用とは一体何なのでしょうか。
先ずアルギニンはアミノ酸の一種となります。
アミノ酸は体内に無害の成分になります。
では何が問題なのかと言うと、アルギニンは化学的性質を持っていると言う事なのです。
アルギニンはアミノ酸でもアルカリ性が特に強い成分となっています。
その為に副作用が生じると言われているのです。
どんな副作用かと言うと、主に「下痢」「便秘」「胃腸障害」と言われています。
この3つの症状が主にアルギニンを摂取した際に出ると言われている副作用になります。
こうした副作用が出る場合には一時摂取を中止する等、注意しながら摂取していく方が良いと思います。
また摂取量や摂取タイミングを変えてみる等もしてみると良いでしょう。
特にサプリメントでも水に溶かして摂取する場合には注意する必要が有ると言われています。
カブゴリン



ブックマーク|教える
訪問者97人目

フォレストアンケート



©フォレストページ