小説

□包帯
1ページ/3ページ

「わりぃな、今はこんなんしかねぇんだ」

ここは攘夷軍の夜営。

銀時は高杉の手当てをしていた。

そう、先の戦で高杉は左目を天人に無情にも奪われてしまったのだ。

高杉の左目に巻かれたのは汚い、血で汚れた布切れ。

「平気だァ。……なァ銀時ィ」

高杉がおとなしく手当てを受けてながら言った。

色の白い顔が、月光に照らされ青白く見える。

「どうした?」

「俺は左目は無くしたが、戦うのやめる気はねぇぞ」

ふわりと梅の薫りがする。

花の薫りだなんて、コイツは戦場に身をおいても女なんだと実感する。

「何でだよ!そんな目で戦場なんて出ても無駄死にするだけだぞ!?」

銀時が思わず布切れを巻いていた手を止めた。

「だけど俺は松陽先生をこんなことで諦めたくはねぇ」

「こんな、ことって言うなよ。てめーの目だぞ?てめーはもう少し自分の体を大切にしろ!てめーは女なんだぞ…」

銀時が高杉を強く、強く抱き締める。

高杉の細い体がやけに小さく感じた。

「俺ァいいんだよ、俺の代わりにてめーが考えてくれんだろ?」

いたずらっ子のように高杉が銀時を見た。

「……あぁ。なぁ、高杉。この戦争が終わって先生が帰ってきたら結婚しよう」

「いきなりなんだ、まぁ俺だってお前以外となんて御免だが」

高杉のあっけにとられた顔は一瞬しか見えなくて、すぐにいつもの不適な笑いに戻る。

ふわりと二人の周りに蝶が飛んでいる。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ