*短編小説

□*丸山総受け
3ページ/3ページ



村「ただいまーっと」

村上がマネージャーや他のスタッフさんに一声かけて戻ってきた時には…

村「…げ。」

楽屋は悲惨な事になっていた…。

渋「お、おかえりー
ヒナ遅かったな!」

村「ツルツルの顔して何が遅かったな、やねん!」バシッ

渋「いた?!」

村「ちょ、あかんやろ
あれはやり過ぎやろが」

渋「だってヤスが〜」

村「ヤスが、ちゃう!
おいコラお前ら!!」


安「あ、ヒナちゃん〜♡」

村「ちょ、これ大丈夫なんか?!」

丸「…っあん、んんっ、ふぁ、」

村「泣いとるがな!あかんやろ!」

亮「ほら章ちゃん。
もうあかんって、抜いたりや」

安「はーい」

丸「はぁはぁはぁ…」

倉「てゆーか、みんな1回はしたし
信ちゃんもヤったら?」

村「アホか!」

丸「信ちゃん〜…」

村上の腕の中に倒れ込む丸山。

村「マル、大丈夫か?
この後収録あるんやぞ、いけるか?」

丸「無理ぃ…」

村「いや無理ちゃう頑張れ!」

渋「鬼やな。笑」

村「お前らちゃんとマルのフォローせえよ!」

亮「勿論っす!」

倉「はーい」

丸「…でも、」

村「ん?」

丸「信ちゃんのも欲しいかも…//」

村「はぁ?!」

安「ほんま、マルってドMやなぁ。笑」

村「本気で言うとんのか?」

丸「ん…信ちゃん、嫌?」

村「いや、嫌なわけないけど…
まぁお前がええんやったら」

ジッパーを下げて村上自身が出ると
丸山はそれを躊躇なく咥えた。

村「うわ、マルそんな、、」

倉「マルちゃん、さっきみんなの咥えさせられとったからもう反射やろな。笑」

安「いつ見てもヒナちゃんのはデカいなぁ〜笑」

村「ん…マル、もうええよ」

村上がそう言うと、丸山は口から
それを出して顔を火照らせていた。

村「…後ろ向け」

丸「ん」

亮「なんかドキドキすんな♡」

安「あーマルええなぁ〜」

渋「いやこいつデカすぎやろ」

村「…っ入ったで」

丸「ああっ…やばっ、い//」

村「は、めっちゃ気持ちええ」

横「やろやろ?
マルやばいやろ?」

亮「何でよかーまくんが自慢げなん。笑」

丸「…っ信ちゃ、激しっ」

村「やばいって…もう出すで、」

丸「うん…きて、っ」








____村「ほんっまにお前らは!!」


倉「…信ちゃんも最後は楽しんどったもん〜」

横「コラ、黙っとけ」

渋「まぁまぁ、マルもそれなりに
楽しんどったし良かったやんけ」

亮「収録まで時間もあるし」

村「そういう問題とちゃうわ!」

安「疲れて寝ちゃったもんなぁ…
ほんま反省してる、、ごめんなぁ」

亮「ま、でもあれはあれで喜ぶんちゃう??笑」

渋「寝とんのにうるさしたったら
あれやしもう出てこや」

村「…まぁ、せやな。
って、お前ら反省しとんのか?」

倉「めっちゃしてるって〜笑」


ガヤガヤガヤ…


パタン。





ソファで、すやすやと寝てる丸山。

その周りにはメンバーが用意した
沢山の誕生日プレゼント

そして、メッセージカードが
添えられていた。



『やり過ぎてもうてごめんな。
まだ先やけど、誕生日おめでとう!

マル、大好きやで!!

メンバーより。 』




end.


前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ