あれ、あなたは……

もしかしてまた迷い込んでしまったの?



……そう。僕のこと忘れてしまったんだね。

いや、気にしないで。

あの扉をくぐると、あちらの世界で過ごした記憶が無くなってしまうんだ。

まさかあなたが元いた世界に戻っていたなんて驚いたけれど。

でも、またあなたに会えて嬉しい。





おいで。また僕と話そうよ。




















©フォレストページ