長距離走が確実に速くなる。。
ここでは中学生、高校生で部活などで本当に強くなりたいと思っている方向けにこのサイトを作りました。

私は関西の名門校で駅伝部に所属していましてその経験のもと書いていきます。

まず始めに、このメニューを実践すれば確実に速くなりますが、もちろん、継続しなければなりませんし、キツイことです。

覚悟を持って行って欲しいと思います。

仮にこのメニューを1年間継続できたなら、ある程度中学で陸上経験がある方は、5000m15分半切りぐらいまではすぐに持っていくことができます。ポテンシャル次第では、14分台の道も見えてきます。14分台にのれば、大学からの推薦もくるでしょう。特待生制度などもあり、無償で大学に行けることだってあります。
そうなれば家計を助ける事になりますし、どんどん道が開けてきます。
良い事ばかりですが、それに達するには根気よく継続する努力が必要です。なので諦めずに頑張って欲しいと思います。


ではメニューの説明に入ります。このメニューの基礎はjogで、ポイント練習(キツイ練習)は週に1回が2回ほどです。これで速くなるのかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが間違いなく速くなります。では具体的なメニューを書いていきます。
ここでは例として1週間のメニュK5TBLBI5F9JIPUYKーをのせていきます。

月曜 60分jog
火曜 90分jog
水曜 60分jog
木曜 1000×6(3"00)
金曜 60分jog
土曜 90分jog
日曜 FREEまたは50分jog
※木曜のポイント練はメニューを変えても良いが、必ず追い込む。

1週間で見てみると本当にjogばかりですが、このメニューをレベルの高い物にすれば公立高校であっても、弱小高校であっても気持ちさえあれば強くなれます!!
ではどうやってレベルの高いものにするか、それは筋トレ、jogが終わった後の流し、そしてプロテインです。この3つを行えば、県大会などの大会では上位に食い込む事は容易いでしょう。

では筋トレの説明を行います。
腹筋100回
背筋50回
腕を広げての腕立て50回
基本的な体幹40秒
これを1セットとして3〜5セット
毎日行います。

流しの説明は大丈夫だと思うので、プロテインの説明に入りたいと思います。長距離選手はホエイプロテインを飲んではいけません。ホエイプロテインというのは一般的なプロテインで単に筋肉量を増やす為のものです。では何を飲むか、それは大豆プロテインです!よく間違えてホエイを飲んでる方がいらっしゃるんですが、全く意味なくむしろマイナスです。対して大豆プロテインは、適度に筋肉がつき疲労の回復にものすごく役立ちますので、大豆(ソイ)プロテインをオススメします。


ブックマーク|教える
訪問者190人目




©フォレストページ